住宅には欠かせないコーキングの役割とは?

コーキング工事

住宅の様々な場所に施工されているコーキング。
コーキングは住宅に欠かせない建材です。
どのような役割を果たすのかを知っておくことで、様々な場面で役立つこと間違いなしです。

コーキングとは

コーキングは住宅の様々なところで使用されている充填剤です。似た建材にシーリングというものがあります。厳密にいうと使用成分が違ったりしますが、建築現場では同義語として扱われています。

一般的の方に分かりやすいように「目地」という言い方で説明されることもあります。

コーキングは室内だけでなく室外でも多く使用されています。
例えば外壁目地です。サイディングのように定尺の建材を使用する場合、建材同士にわずかな隙間が生じてしまいます。

そこから水や汚れが侵入しないように充填するのがコーキングです。室内で使用されるのが多いのは水回りです。

浴室内だと浴槽と壁パネルの接着面であったり、洗面室だと化粧台と壁の隙間など、ありとあらゆるところで使用されています。

また、充填剤以外にも補修材として使用されることが非常に多いという特徴もあります。

外壁のクラックやひび割れ、欠け落ちた屋根材を接着させる際など、用途は様々です。

コーキングの役割

隙間を埋める

コーキングの主な役割としては建材同士の隙間を埋めるという役割です。
住宅はすべて水平・垂直でできているように見えますが、実際はごくわずかな歪みや捻じれが生じています。その隙間を埋めるために充填していきます。

建材を固定する

隙間を埋める以外に、建材を固定する接着剤的な役割で使用することがあります。
サイディング裏に少し付着させてから固定することで剥がれにするという使い方も行います。

揺れに対応する

コーキングは充填後数時間で固まりますが、固まった後も弾性が残るという特徴があります。
住宅は地震や木軸の伸縮で負荷がかかります。
その際、サイディングは伸縮に耐え切れずどこかに負荷がかかり割れたりクラックが入ります。コーキングは弾性性能により衝撃を吸収することが出来る為、衝撃の逃げ場として欠かせない存在です。

コーキングの種類

コーキングは様々な種類があります。
それぞれ特徴が異なるので、使用されることが多いコーキングについて紹介します。

アクリル系

水性で取り扱いがしやすく、室内で使用されることが多いコーキングです。

ウレタン系

弾性、密着性に優れており、ひび割れの補修など万能な使い方が出来るコーキングです。

シリコン系

最も使用されることが多いのがシリコン系です。
弾性、密着性、耐久性と全てにおいて優れたコーキングです。

変性シリコン

シリコン系と同等の性能を持ちながら変性する素材のコーキングです。
揺れなどの影響を受けやすい外壁の目地に使用されることが多いです。

まとめ

コーキングは建築現場には欠かせない万能な建材です。

このコーキングによる防水処理を行う事で、雨漏りから住宅を守る大事な役割を担っています。

とくに外壁などの目地では、重要です。

施工を行う場合は、コーキングの材料や技術を持った業者を選ぶ必要があります。

また、外壁の場合は塗装工事とセットで行うと費用を抑えられるのでおすすめです。

外壁塗装業者を探すのならこちら→川崎市 外壁塗装

関連記事